●商品説明
・鼻孔を拡げて呼吸をラクに!
・鼻のつまりを軽減
・いびきを軽減
・薬剤は使用していません。
・目立たない透明タイプ
・貼るだけで、お鼻スッキリ!!
 ブリーズライトは、プラスチックバーの反発力で、
 鼻孔を拡げて、鼻の通りを良くする鼻孔拡張テープです。
・通気率を31%アップ!(GSK調べ)
・貼った瞬間からはずすまで効果を実感!
・適したサイズを使うことが重要です!
※レギュラーサイズは、成人のほとんどの方の鼻に適します。

●使用方法
・ブリーズライトを貼る正しい位置の探し方
鼻骨の下を両側から指でつまんで、
呼吸ができなくなるところが最適の位置です。
・ブリーズライトの貼り方
(1)鼻(貼る部分)を良く洗い乾燥させます。
(2)裏面の紙を中央の切れ目からはがします。
(3)中央部分を持ち、鏡を見ながら鼻の中心から
 両側に均等にまたがるようにします。
(4)両端を鼻にそって曲げ、
 指でさすってしっかり接着させます。
・ブリーズライトのはがし方
(1)ブリーズライトをぬるま湯で必ずぬらし、
 まず四すみをはがします。
(2)次に両側から少しずつゆっくりと引き上げてはがします。


広告文責:株式会社ドラッグピュア
作成:201001 mc 201308ST
神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11-103
TEL:0120-093-849
販売者:グラクソ・スミスクライン株式会社
区分:鼻腔拡張テープ・米国製

関連商品

【試合観戦における不正入場について】今シーズン、成人の方が小中学生向けのチケットで入場するなどの不正行為が相次いでおります。入場料収入はクラブの運営を支える大きな収入の柱の一つとなっており、是非とも観戦ルールを守り、正しいチケット券種にてご観戦いただきますようお願い申し上げます。

グラクソ・スミスクライン株式会社ブリーズライト 肌色タイプ 10枚入り×20個セット17×55mm レギュラーサイズ-いびき関連グッズ

グラクソ・スミスクライン株式会社ブリーズライト 肌色タイプ 10枚入り×20個セット17×55mm レギュラーサイズ-いびき関連グッズ

グラクソ・スミスクライン株式会社ブリーズライト 肌色タイプ 10枚入り×20個セット17×55mm レギュラーサイズ-いびき関連グッズ

グラクソ・スミスクライン株式会社ブリーズライト 肌色タイプ 10枚入り×20個セット17×55mm レギュラーサイズ-いびき関連グッズ

グラクソ・スミスクライン株式会社ブリーズライト 肌色タイプ 10枚入り×20個セット17×55mm レギュラーサイズ-いびき関連グッズグラクソ・スミスクライン株式会社ブリーズライト 肌色タイプ 10枚入り×20個セット17×55mm レギュラーサイズ-いびき関連グッズ

グラクソ・スミスクライン株式会社ブリーズライト 肌色タイプ 10枚入り×20個セット17×55mm レギュラーサイズ-いびき関連グッズ

インフォメーション

  • +Qualityプロジェクト
「#Jのチカラを示せ」U-23日本代表
2016JリーグYBCルヴァンカップ特集

テレビ放送

一覧へ

【DONAR】ドナー ゲルマニウム・チタン [男女兼用] ブレスレット DN-005B-3 日本製 /10点入り(代引き不可)【inte_D1806】

佐藤美希
Jリーグスタジアム訪問記

得点ランキング

詳細へ

順位表

詳細へ

2016 明治安田生命J1リーグ(2nd)

順位 チーム 勝点 試合数
1 川崎フロンターレ パナソニック ブルーレイディスクプレーヤーDMP-UB900-K 13 5
2 浦和レッズ 浦和レッズ 13 5
10 大宮アルディージャ (物流在庫あり)東芝 4TB HDD内蔵ブルーレイレコーダー レグザタイムシフトマシン DBRM4008 6 5

2016年7月23日(土) 22:25更新
SU magneticゲルマニウムリングGSU-017G【送料無料】【smtb-TK】

2016 明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 53 24
22 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 22 25

2016年7月25日(月) 21:37更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

2016 明治安田生命J3リーグ

順位 チーム
1 栃木SC 栃木SC 39 18
16 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 13 17

2016年7月24日(日) 21:50更新
【送料無料】アルファックス お医者さんのコルセット プレミアム仕様 / M~L【同梱・代引不可】

旬のキーワード

「#Jのチカラを示せ」U-23日本代表
2016JリーグYBCルヴァンカップ特集
がんばろう九州「#チカラをひとつに -TEAM AS ONE-」